長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

81

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八甲田に行ってきました。

今回は前々から計画していました。

メンバーはICI石井スポーツ秋田広小路店、盛岡スタッフ、ほか俺を含め数名という構成。

厳冬期は行けない、「高田大岳」というきれいな円錐形をした山を滑りたいということで集まっちゃいました。

82

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタック開始。

ガイドは「八甲田ガイドくらぶ」の外崎さん。秋田を出るときは雨だったが、現地は曇り、視界は良好ということでノリノリ。

91

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日だっつーのにボードの参加者は20人超。

しかもみんなフツーじゃないボードでとてもオシャレです。

92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープウェイ山頂駅から高田大岳に行くには、山ひとつ超えなければならないので、まずはテクテク登ります。

94

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ~んなオープンバーンを滑っちゃいます。気持ちよさそうでしょ?

86

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!現実は厳しかった!

 

「雪が滑らない」

 

重~い気持ちのまま、さらに登ること数時間。

まあ、視界が良かったので景色は楽しめましたが。。。

83

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチ。

みんなコンロ持ってきて、ラーメンやらリゾットやら作って食べます。

こういうトコで火を起こして、暖かいものを食べるのはサイコーです。

93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局高田大岳は登頂を断念。

僕の後ろに写っている山です。この裏側にBIG&STEEPな斜面があるようです。

が、小岳を登って、降りてきました。

96

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、ドロップ!

しかし、どこを滑っても重い&滑らない雪に悪戦苦闘。。。

マゾの境地!

97

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ、やっと到着。

 

87

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、それでも楽しく明るくがモットーの我々は、風呂入って気持ちよく帰ってきましたとさ。

おわり。


スポンサーサイト

kawayoko
昨日は飲みすぎて遅く起きてしまった。。。

二日酔い。

午後から、弟と一緒に海へ向かった。

M沢をチェックすると面はいいのだがサイズがイマイチだったので、O-HAMAへ。

ここはデカ過ぎてダメだった。

最後にKヨコに行くと誰も居ず、腰胸サイズの波が人知れず割れてました。

ヒロキさんと合流して、かなり楽しめた。

サイコーでした。

 

明日は朝イチかな?南東!


K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はM沢で夕方腰くらいの厚め。けっこう楽しめました。

今日は朝4時半から行動。

8時半より、用事があったので、朝一どうしても入っていきたかった。

が、K横はクローズ気味。MATTUとHIDEと、M沢いったりワッキー行ったり、ウロウロするも、どこも良くはなく、時間がなくなってきたので、目をつぶって入りました。

危ないので川の中からゲットして、沖に出てみると、「けっこういけそうじゃん」。

なんて言葉を交わしていると、アウトからとんでもないのが入ってきて。

頭半はあるかな?ワイドにくるのでただ怖かった。。。

HIDEが乗っていったのを見て、さらに怖くなって退散。

スープライドしただけでした。情けない。

俺は用事で上がったけど、そのあとどんどん下がってきて、いい時間帯は良かったみたい。チクショー。

O-hama

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方のO-HAMAは、思い切りサイズダウン。

たぶん今年最後だろうと思われるKヨコのいい時間を逃したけど、まあいっぱい波乗りできたので、良しとしよう。

 


12ケイソン、やって来ました。

初の秋田。

新潟から、タフビーツ号に乗ってはるばる…

写真は真さんのお店で。

左から、タフビーツの社長でもある神尾さん。ケイソン、マイク真木さんなど、かっちょえーアーティスト達を抱える大社長です。ギターも弾くよ。上手い。

その次が真さんで、KEISON。

一番右がスーパーDJでスーパープロデューサーのパードン木村さん。

下は俺の同級生のマンブさんです。

 

 

 

 

2

早速飯を食いがてら宴会。

KEISONに「何が食いたい?」と尋ねるとすかさず、

「刺身!」。豪快に日本酒と秋田名物食べてました。

 

 

3

ツアーに出てから波乗りしていないらしく、明日の秋田はスモールサイズが予想されたが、膝モモでも十分!というカンジで明日の波乗りミーティング。。。

しかしそんなことはおかまいなしに日本酒ガンガン。

 

 

4

会場のラニガーデンに下見がてらおじゃま。

酔っててもさすがプロ。

どうやったらいい音が出るか、真剣に考えてます。

来る前は2階のロフトで歌ってもらおうと思ってましたが結果1階の奥で歌うことに決定。

らにガーデンは100年以上前の蔵を改装したお店で、音の鳴りもよさそう。楽しみ!

 

 

 

16

次の日は晴天!

宮沢で波乗りしました。

みんなが着替えている間、トランペットを吹くKEISON。

なんつーか、最高な気分でした。

サーフィンと音楽。

スタイル。

この写真を見ればなんとなく伝わると思います。

 

 

 

 

 

 

122

タフビーツ号。

これに機材、サーフボードを積み、3人乗ってツアーをまわります。

サーフボードがすごく場所取ってました。荷物の半分くらい。

この車に積んでる機材で、どこの場所でもライブが出来るんだからすごいな~と妙なところで感心してましたけど。。。

車に楽器があればいつでもどこでも楽器ができるわけで。

俺もなんか積んでおこ~

 

 

 

 

 

 

 

11

みんなトランジッション。

そこらへんは負けてません。

N.P MAKOTO-SAN。

 

 

7

天気のいい宮沢Pには僕らしかいませんでした。

モモ腰サイズだったけど、貸切状態でホント気持ちよかったー。

 

 

8

KEISONの板。

 

 

 

 

11

そして夜。大盛況でした。みんな狭苦しかったかも。。。

歩くスペースがないから動きづらく、あまりみんなとトークができませんでした。。。そういえばナガセさん、倉田さんとも会わなかった!?ごめんなさい、せっかく来てくれたのに。。。

一番うれしかったのは、青森からグレの三浦さんご夫婦、工藤くんが来てくれたこと。KEISONの話を持ってきてくれたのも三浦さん。もしサーフィンをしていなかったら三浦さんに会うこともなかったし、KEISONが秋田にくることもなかったかもしれない。会場では、やることがあるわけではないけどなぜかテンパってて、なんかハラハラしてました。が、三浦さんの顔みたらなんか心強かったです。

 

14

で、やっぱ一番凄いのはKEISON。

体中が音楽ってカンジで、うまく言えないけど音楽が体から自然と出てくる。

KEISONを知らなかった人も、いつも聞いてる人もみんな、「生はいいな~」って。

KEISONの歌声にハマり、心地よい感動を覚えたことだろう。

僕もそうです。

聴くときのシチュエーションでいろいろな思いや感覚があるが、今日この場所で聴いたKEISONの歌声も、ずっと思い出として心に残るだろう。

ありがとうKEISON。

 

 

 

 

 

15

SPECIAL THANKS!to...

gre' / 三浦さんご夫婦、工藤君

Plunging Surf / 矢作さん

MURASAKI SPORTS / 穴久保店長はじめスタッフの皆さん

ICI  ISHII SPORTS / 小山内店長

Removal / u-key

LANI GARDEN / タク、奥様、フジ

わたる、ひさし、よしゆき、まんぶ、ヒロキさん、ナガセさん、倉田さん、他他、other SLIDER...

 

ありがとうございました!!


kawayoko
画像は関係なし。O-HAMA、オンショアでセット腰~腹でした。ホント久々で、いまいち乗れなかった。。。

しかし身体から毒素が抜けたカンジ。ちょっとまったりしてるけど、調子よくなった。できるだけ続けよう。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。