長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプいきたいなーと思いはじめたら我慢できなくなり、金曜の夜に岩手県のNポイントへ。

最初は十和田湖の宇樽部キャンプ場へ行きたかったのだが、やはりサーフィンしたかったので妻の反対を強引に押し切りNポイントまで4時間のドライブ(深夜)。

途中、弟を誘惑し、「来いよー」とメールを入れたら、「明日行くよ」ということで、Nポイントで待ち合わせ。

Nポイントは4年ぶりくらいだが、いつもダンパーなイメージしかなく、波にはそれほど期待していなかった。が、「家族サービス+一日中波乗りができる」という意味ではすごく楽しみで、ポイントにつくなり深夜にもかかわらず荷物をすべて降ろし入念にテントなどの設営をしたのであった。

 

しかし!

 

朝起きてみると。。。

 

波板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラット。

 

波乗りできないポイントに用はない。

 

子供たちにまで、

「お父さん、これじゃーサーフィンできないね。」

というありがたいアドバイスを頂戴し、

我々は波のないポイントをあとにした。。。

移動!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八戸に行っているMATSUに連絡を取ると、どうやら腰胸はあるらしい。

移動!

 

そこから150Kmはあるのだけれど、北上して波乗りをしてそこからさらに北上すれば当初行きたかった十和田湖でもキャンプができる。

イメージは固まった。

向かっている途中の弟に連絡し、そのことを告げると、

「わかりましたー」。

 

行き先がコロコロ変わるキャンプにつき合わされている弟の家族は悲惨だと思った。

 

でも。

有家よしゆき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

150Kmも移動した甲斐あって、青空の下で気持ちいい波乗りが出来ました。

MATSUたちは角の浜で入っていたのだけれど、途中チェックした有家Pで、もう我慢できなくなり、子供たちも遊ばせられるということで午後まで遊びました。

有家俺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットで腰腹。ローカルにしてみれば小さいサイズだけど、これが秋田だったらX-DAYです。メタボリックな僕にはちょうどいい、楽しい波でした。

 

キャンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと十和田湖に移動。

ここ宇樽部キャンプ場は、自然そのままの森の中で、好きな場所にテント張っていいよというキャンプ場で、すごく気持ちのいい場所です。

花火

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は花火で子供たち大はしゃぎ。

このあとウチの岳クンは手に火傷をしてしまい、

「岳、もう花火しない!」

と落ち込んでいたのだけれども。

十和田湖で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの岳、迪花と弟の双子ちゃんです。

またいきたいねーキャンプ。

 


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。