長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_2803.jpg

仕事が忙しく、更新を怠っておりましたが、忙しいのは仕事だけではなく…

最近、娘(6歳)にスキーを仕込むことにハマりました。私。

先週は連日連夜、オーパスのナイターに娘を連れ、出没。

ただ滑らせているだけですが、行くたびに上達していく姿に親、感動。

その発端は先週の土曜日に娘を花輪スキー場に連れて行ったのですが、日沼大先輩の愛息子がウチの子と同じ年で、一緒に滑ってもらったら一人でリフトに乗れたりして、親離れしてくれました。
転んだら一人で起きれないので心配してましたが、大先輩から「放っとけ」という暖かいお言葉をいただき、放置プレイというものを覚えました。

すると、みるみるうちに上達し、ひとりでいろいろ出来るようになってきました。

親が近くにいると甘えるんですね。子供って。

山のルールはまず、人に頼らないこと。

これを仕込めてしまうスキーっていうのはいいな~と思い、毎夜オーパスに通っています。

勿論放置プレイですが。

IMG_2804.jpg

そして親、ちょっと滑れるようになったからと「大会に出す」という暴挙に。

大会といっても選手ではなく前走として滑らせてくれるというので行ってきました水晶山スキー場。

この日のために4日間ぶっ続けで滑らせてきました。娘。

レーシングワンピースを着た小学生が50人以上も集まるシリアスな大会に、快く滑らせてくれたTAGEコーチ、感謝です。

しかし残念ながら上部の急斜面はさすがに滑れず、途中からスタート。しかも親の先導つき。

アリなのか??


IMG_2836.jpg

日沼Jrは急斜面を果敢に滑り降りてました。スゲー。


IMG_2838.jpg

しかもクローチング。攻めてます。


IMG_2833.jpg

2本目はひとりで滑れました。

ここでまた親、感動。


IMG_2857.jpg


この一週間でかなり滑れるようになり、俺もスゲー楽しいです。

子供と一緒に滑るのって楽しいんですね…

ジュニアのスキーにお金を掛ける親の気持ちはよくわからなかったけど、いまはもう俺がそれです。

靴なんかラングだし。

でもレーシングワンピは小学生のうちは買ってやりません。

ワックスも高いのは塗ってやりません。

ワンピなしで小学生のTOP獲る選手に育ててやります。


IMG_2870.jpg


とまあ、子供のためと言っていますがやはりそれは言い訳に過ぎず、しっかり自分のトレーニングにも励んでおりました。

大会では後走で大マジ勝負。スタートでは醜いヤジり合いを繰り広げ、急斜面では板外して大ゴケ!

淡路大先生は完全に勘を取り戻したすばらしい滑りになっていました。しかもスラロームまでセットさせ、インターハイ7番の滑りを披露してました。マジで上手かった。

日沼大先輩も一人で花輪に行くほど練習して、現役時代と変わらない滑りです。ヤバイです。

安比CUPが楽しみだ!



って俺、娘のためにやってるんじゃなかったっけ?


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。