長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a


ベクターグライドの秋葉将之さんが秋田に来てました。

前の日に電話があって、「秋田に着くの、夜10時過ぎるけど、会える?」

お酒の飲めない秋葉さんが、夜遅くにわざわざ…と思ったので、なんかビジネス的に頼み事でもあるんだろうと思ってましたが、実際に会うと拍子抜けするほどそこにはビジネスの話はなく、今度の冬にやってみたいこととか、お互いのスキー感とでもいおうか、スキーへの思いを話して盛り上がった。

JSBA秋田支部長マサヒコさんとも合流して、秋庭さんのアラスカを滑った話なんかを聞かせてもらった。なんだかんだで朝の3時まで呑んでしまい、気がついたら有料駐車場の門限2時をとうに過ぎ…結局ビジネスホテルに泊まるハメになってしまいました。

a



秋庭さんは元ナショナルチーム所属のダウンヒラーで、ワールドカップ、プロレース、SIAデモ、SAJ技術選、スキークロス、エクストリームと数々の舞台で活躍した、もうレジェンドスキーヤー。ここまでいっちゃってる人はまずいないでしょう。現在でもバリバリ現役で自身のブランドのトップライダーです。最近は一緒に滑ったことないのだが、滑りを見た人の話だとパウダーでもありえないスピードで滑るらしい。月山で一緒だったとき、巨大コブの大斜面にクローチングで突っ込んでいってましたから。この人。

スキーつくりのコンセプトもスピード追求型。
秋庭さんの履きたいスキーなワケだから、そうならないほうがおかしいけどね、
上のピンテール、凄いスピード出るらしいですよ。ヤバイですね。下のウィングスワローはね、サーフボードでいったら「GUN」シェイプだって。狂ってるよー。

俺も一本SHIFTっていうスキーを持っていますが、ファットだから深雪でいいには当たり前なんだけど、ゲレンデでカービングもいけたりします。秋庭さんいわく、バックカントリーで究極の滑りをするために作ってるんだけど、結果どこ滑っても調子いいんだよねーみたいな感じです。
だから狂ってるように見えるアウトラインだけど、かなり真面目に作ってますよ。出荷の時点でチューン済みなのでファーストチューンは要らないクオリティだし。

だんだんベクターの宣伝マンみたいになってきましたが、冬はサーフィンオンリーのアナタもいかがでしょうか。海でも山でもセッションできたら最高ですね!
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。