長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1050850.jpg
ブログを書くのが久しぶりです。ブログ自体を忘れてましたね。

ですが、あいかわらず元気な日々を過ごしてます。

今日は、サーフィンじゃなくてスキーの練習をインラインでしようという講習会を開催しました。


P1050856.jpg
元ナショナルチームの兼子稔SAJデモンストレーターを「県内のジュニアを盛り上げようぜ」とそそのかし始まったこのキャンプ。2回目となる今回は稔にそそのかされた柴田尚哉もコーチとして参加。

ほぼ口コミの募集だけど参加者は南は皆瀬、北は二ツ井と県内全域から集まった。

僕の都合には関係ありませんが僕の家の近所の公園駐車場で開催。

P1050871.jpg
稔と尚哉は、いま秋田で一番スキーが上手いふたり。

このふたりに雪上でコーチしてもらえる機会はほとんど無い。

インラインは狭いスペースでできるので、声も届くし、近くで見れるから、教えるほうも教わるほうも都合がいい部分がたくさんあるんだ。特にジュニアの場合、というか技術レベルが未熟であればあるほど、インラインで教えたほうが早く技術を習得できる側面もある。

P1050874.jpg
P1050869.jpg
中学生以上の選手もけっこう来てました。

P1050876.jpg
尚哉はインライン履くのが初めてに近かったんだけど、全然問題なく乗ってました。

P1050865.jpg
子供たちにも、愛情をもって熱く教えてました。

熱いやつだね。

P1050859.jpg
迪花はあいかわらずマイペース。
「ああ、早く帰りたいわ」

P1050879.jpg
でも来てしまった以上、まな板の上の鯉のごとくあきらめて滑ってました。

+++

今回やってみて思ったのは、ジュニアのスキートレーニングにはインライン最高です。

2日間で、みんなスゲー上手くなってた。

技術の習得はもちろんですが、冬はコラボれない他地域、他チームの人とコラボれることがいいですね。いっつも同じ相手よりいいっしょ。友達もできるし。俺もたくさん知ってる子ができたし、父兄の方ともたくさん話できてよかったです。こういう繋がりは冬に他のとこ行ったとき役立つと思うし。

話聞くと、秋田のジュニアアルペンの関係者は考えが古い人が多いみたいで。
僕もそろそろいい歳ですけど。なんかちっせー問題で話が進まないことが多いみたいです。
足の引っ張り合い、みたいな。

みんな子供たちのためにやってんだから、目的はひとつのはず。
ちょっと仲良くなるだけで、マイナスがプラスになること、いっぱいあるなと感じました。

+++

あと、アルペン競技を子供にやらせてる親、インラインくらい子供に買ってやろーよ。

リフト代も掛からないから、安く上手くなりますよ。

フッ素のワックス買うより100倍いいわ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。