長門紀幸の日記…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

o0220031210388208684.jpg
今週末、KEISONさんとKAZZさんが秋田にやってきます。

僕は土曜日の秋田市YOKKEのほうに。

土曜日はみんなで新年会も兼ねて、呑みましょう!!

++++++++++++

KEISONとの出会いは、5年前?
青森のGREさんのリニューアルオープン記念のLIVEを見た。
その時はキャラバンも演って、楽しいイベントだった。

その一年後、また青森でGREさんオーガナイズでやることになったのだけれど、新潟から青森に移動する際、日程が空くので秋田でもやってくれないかとGREさんからオファーがあり、ニュートラルポイントの主催で秋田でもやることになったんだ。

宣伝屋の僕は、仕事ではそういったイベントを経験していたし、実は昔はバンドマンで、音響にもある程度の知識は持っているので、LIVEをオーガナイズすることに問題はなかったけれど、ビジネスにならないイベントを企画することには抵抗があった。もしお客が来なければマイナス分は自分たちで負担しなければならないからだ。お店をやっていてPR目的でもあれば、損してでもやろうと思うけれど、ただの会社員。やる意味はまったくなかった。それでも、GREさんのお誘いもあるし、なによりKEISONの歌にどっぷりハマっていた。「きっと楽しいに違いない」

不安とは裏腹にお客は100人以上入り、大成功だった。
昔の蔵を改装した会場のラニガーデンの雰囲気、絶妙な残響も手伝って、最高にいいライブだった。
出会いもたくさんあった。結果して、やってよかったと思った。

KEISONはその後、秋にはプランジングサーフの周年パーティのゲストとして、夏にはBLESS安保の主催するイベントでも来秋し、すっかり秋田に来るのは定番化した感じだ。

KEISONが来るたびに思うことは、なんかあいつは親戚か友達みたいなんだよなあ。他のアーティストはライブの前後で一緒に飲むことはあっても、一緒にサーフィンをすることはない。けど、KEISONはそこに居る間中みんなと一緒に飲んだり、波乗りしたり、旨いものを食いに行ったりしている。そもそも呼ぶ人がサーファーだけに、同じサーファーというだけで親戚みたいなもんだ。

KEISONが「スノーボードをしにきたい」と言うから、HOGLOFSやなんかを輸入して売っている、フルマークス社のワカさんという社長に持ちかけたら、八甲田ミーティングに呼んであげるということになり、去年は冬にやってきた。ワカさんは、「KEISONだけじゃ寂しいから」と、KAZZさんも一緒に呼んできた。

「ミュージシャンを親戚扱いして一緒に遊ぶ」という、サーファーが普通にやっていることを山でやったらどうなるんだろうと思ったが、山も楽しかった。一緒に泊まって朝から登り滑り、一緒に風呂入って酒呑んで、ライブを楽しむ。このスタイルはかなりおもしろい。

そんなわけで山にもハマッたKEISONと、去年秋田と兄弟になったKAZZさんが今年もやってきます。

BLESS安保が強力にオーガナイズです。

金曜夜は本荘で。

土曜日は矢島スキー場でスノーセッション後、秋田でライブ。

日曜日は波があればサーフ、無ければスノー

その後、何日か矢作邸に泊まってフレキシブルに動き回り

水曜くらいには盛岡のNALLOWS伴邸に泊まって盛岡近郊エリアを滑り、

金曜には大船渡でライブ、土曜は石巻

といったスケジュールのようです。


僕も仕事があるのでずっと一緒にいられるわけもなく

土曜と日曜だね。

ライブだけではなく、みんなでスノー、サーフもして楽しもう。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 710 ROOM, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。